スポンサーサイト

2019.05.03 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    職人に会いに行く

    2016.05.04 Wednesday 18:10
    0
      休みを利用してここしばらくで知って気になっていたものづくりをしている人に会いに行った。
      どちらもツイッターを通じて知ったのだけど一人は木象嵌をやっている人、もう一人は木像彫刻をやっている人。

      木象嵌の人は20代前半でこれからやっていこうというくらいの人だけど
      かなりのクオリティの作品を作っていて、最初展示会を見に行ったのだけどけっこう衝撃的だった。
      話してみて、人柄もいいし自分もなにかしら参考にさせてもらいたい気持ちもあったし
      モノづくりをやっている仲間づくりをしたいと思って
      展示会の後個人的に連絡をとって
      その人が住んでいるところまで会いに行って話を聞かせてもらったり、作業場をみせてもらったりもした。
      話してみると、本当に木材やモノづくりが好きで
      自分もそうだけど、凝り性の職人タイプなところに親近感をとても感じて
      お互いにいい雰囲気で語り合うことができた。
      彼のほうが自分よりもよほど腕もたつし、経験もやる気も上なので
      話を聞いていると勉強になるし、頑張っている人を見るといい刺激になる。
      それでいて、妙に他人にプレッシャーを与えるようなタイプではないし、個人的には改めて敬意と好意を持てる人だなと感じた。

      これからやってみたいこととして、彼のやっているような精度とセンスのいいインレイを作れたら面白そうかなと前から思っていて
      教えてもらったりしたいということを話すと快く、またいつでも遊びに来てくださいと言ってくれたりもした。
      また、後輩に自分も通おうか悩んでいたESPギタークラフトアカデミーでアコースティックギター製作を勉強している人がいるらしく(!)
      その人とも機会があれば話したりできるかもしれない。
      木工、ギターづくり友達がほしいと前から思っていたので、けっこうここから交流が広がったりするかもしれない。




      もう一人の木像彫刻の人はツイッターでたまたま知って
      個人的にすごく惹かれる雰囲気を醸し出していたので
      前から注目していたんだけど
      ゴールデンウイーク中に気軽に遊びに来てくださいねといった趣旨のツイートをされていたので
      思い切ってそれに食いついて行ってみることにした。

      まず何がいいって、山の中に家自分で建ててそこで暮らしてるらしく
      そういう自分でなんでもやっちゃう生き方にあこがれていたり
      作ってる作品も独自性ありまくりで、好みは分かれるだろうけど
      自分はすごくいいなと思ってどんな人か会ってみたくなった。

      象嵌の人は埼玉で割と楽に行けるんだけど
      彫刻の人は栃木なのでけっこう行くのがしんどかった。
      横浜からバイクで150キロ走って、たどりついたのが本当に山の中にある、手作り感満載な家で
      出てきた人もなんというか、だいぶくったびれたスナフキンみたいないい感じのおじさんだった。
      奥さんも一緒にそこで暮らして、ふたりで一緒に作品を作っている。
      奥さんはバーバママみたいな感じ。

      作業場に案内してもらうと、数えきれないくらいノミが置いてあって
      作りかけの社寺彫刻や、オリジナルの木像がところせましと並べられていた。
      手作りのパンやコーヒーを出してもらい、いろんな話を聞かせてもらった。
      結婚してふたりで何もない荒れ地を開拓して、家を建てたことや
      子供をどんなふうに育てているかとか、生きていくためにどうやって自分の作品を作って売っているのかとか
      住んでいる町のこと、作家仲間の話や東京で暮らしていた時のこと
      周りの自然のこと・・・
      こちらの話もいろいろ聞いてもらって、自分なりの経験や価値観を以って
      助言をしてくれたり、
      でもそれは決して押しつけではなく、ただこんなやり方があるよ、自分はこれが良かったよ
      とあくまでも自分と相手の違いは受け入れて話をしてくれるので
      とてもありがたかった。
      自分もそうかもしれないけど、それができない人もやっぱり多い。

      話していると人として素直に正直に自分を出してくれている感じがして
      こんな自分の半分くらいの歳の若者にそんな風に接してくれるのは、本当にありがたいことだったと振り返ると思う。
      ある程度俗世から離れて、山の中で自分の建てた家で自分の作品をつくり、自分の力で生きているので
      価値観にしがらみがなくて、心がのびのびしている感じがして
      そんな生き方がうらやましくも思えた。

      この人みたいに自分で家建てたり、自然の中で暮らすのも
      生き方の可能性としてけっこういいなとは前から思っていたので
      今回それをまんまやっている人と話せて良かった。
      少なくとも、同じように自力で家建ててみたいな。
      業者に頼んで、何十年もローン組むなんてしんどすぎるし、
      第一、家づくりなんて面白そうなことを他人任せにするのはもったいない。
      自分でやったほうがきっと生きるのが楽しい。

      人間二人で(やろうと思えば一人でも)わりとかんたんに家は作れるらしい。
      実際学校でもやってるけどそんな大したことはないと思う。
      普通に家の中にもおじゃまさせてもらったけど、けっこう快適だった。
      ついつい居心地がいいもんで、夜9時くらいまでお邪魔してしまって
      夕ご飯までごちそうになってしまった。

      これも何かの縁だから
      自分が知っていること、できることならなんでも教えるよ
      またいつでも遊びにおいで、と言ってくれて

      こんな世の中でこんな人が本当にいるんだなと思って感動的だったよ。
      同じ時間に生きてるってだけでうれしくさえ思えるような出会いだった。
      また会いに行こう。遠いけど。

      帰りは風が強く、横浜の手前あたりで橋渡ってるとき吹き曝しの海風が容赦なく、
      けっこう本気で海に落ちて死ぬかと思った。
      それくらい危なかった。めちゃくちゃ怖かった。生きててよかった。
      こういう日は道選びを慎重にしないとほんとに死ぬから今後肝に銘じよう。


      ものづくりに関しては一人の世界になってしまいがちだし、
      その手の学校に来た割に周りにあまり気の合う人もいなかったので
      こういう感じで自分で交流広げていくのが一番いいんだろうなと思う。

      しかしものづくりやってる人はいい人が多い。たぶん。
      みんな心がやさしいよ。
      自分もそういう人になりたい。
      category:- | by:minkponyocomments(2) | -

      スポンサーサイト

      2019.05.03 Friday 18:10
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment
        とても良い記事ですね。そういう人との出会いを積極的に求めていくたたさんの行動力は素晴らしいと思います。
        そしてたたさんの将来に向けて行動力は不可欠なものになっていくでしょう。
        大いに楽しみ、話し、学んでください。

        私は私で人生を賭けるような勉強をしています。
        と同時に毎日一時間図書館に行き、本をつまみ食い的に十冊ほど読みます。
        夕方はピアノを弾き始めました。
        それ以外の時間は一意専心して勉強しています。
        と同時に、将来美術史が学びたい思いが強くなり、テレビを録画しては隙間を縫ってNHK、BS、Eテレ、放送大学を見ています。

        私の周りには私の許されている勉強の道を、経済的な理由や自立を促されて絶たれた友人が多くいます。
        その友人達にも代わって、恥ずかしい勉強はできないなと思っています。

        結果を出せるように全力で生きていきたいです。
        目指すものは遠くにありますが、日々手繰り寄せていきましょう。


        • ささ
        • 2016/05/04 10:12 PM
        コメントありがとうございます。

        思い切って動いてみると、また新しい出会いや展開があっていいものですよね。
        人との出会いや、つながりを持つことは自分にとってはとても大切なことだなと思います。

        さささんの方も、大きな目標に向かって日々努力されていることと思います。
        同時に勉強だけでなく、好きなことに触れる時間も大切ですよね。

        ぼくもそういうところはあるのですが、
        環境や支えてくれる人に恵まれていて
        そのおかげで自分のやりたいことをやらせてもらえてるのだと思っています。

        その分何か返せるようにがんばっていきたいですよね。
        またお元気で。
        • たた
        • 2016/05/05 1:01 PM








           

        PR
        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        Selected entry
        Archives
        Recent comment
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM